万葉集 第19巻 4183番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4183番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4183番歌

第19巻
歌番号 4183番歌
作者 大伴家持
題詞 ((不飽感霍公鳥之情述懐作歌一首[并短歌])反歌三首)
原文 霍公鳥 飼通良婆 今年經而 来向夏<波> 麻豆将喧乎
訓読 霍公鳥飼ひ通せらば今年経て来向ふ夏はまづ鳴きなむを
かな ほととぎす かひとほせらば ことしへて きむかふなつは まづなきなむを
英語(ローマ字) HOTOTOGISU KAHITOHOSERABA KOTOSHIHETE KIMUKAFUNATSUHA MADUNAKINAMUWO
ホトトギスを飼い続けることができたなら、今年の夏を過ぎて来年の夏は先ず真っ先に鳴くだろうに。
左注
校異 婆 波 [元][類][文]
用語 天平勝宝2年4月、年紀、作者:大伴家持、動物、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました