万葉集 第19巻 4204番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4204番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4204番歌

第19巻
歌番号 4204番歌
作者 恵行
題詞 見攀折保寶葉歌二首
原文 吾勢故我 捧而持流 保寶我之婆 安多可毛似加 青盖
訓読 我が背子が捧げて持てるほほがしはあたかも似るか青き蓋
かな わがせこが ささげてもてる ほほがしは あたかもにるか あをききぬがさ
英語(ローマ字) WAGASEKOGA SASAGETEMOTERU HOHOGASHIHA ATAKAMONIRUKA AWOKIKINUGASA
貴殿が捧げ持ってかざしているホオガシワはあたかも貴人にかざす青いきぬがさに似てますね。
左注 講師僧恵行
校異
用語 天平勝宝2年4月12日、年紀、作者:恵行、植物、氷見、富山、遊覧
スポンサーリンク

解説

「我が背子(せこ)」は家持を指す。「ほほがしは」は「朴の木(ホオノキ)」のことで、モクレン科の落葉高木。「きぬがさ」は貴人に背後からかざした笠。

題詞は「攀(よ)じ折った保寳葉(ほほがしは)を見て二首」という意味。4205番歌に続く。

タイトルとURLをコピーしました