万葉集 第19巻 4203番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4203番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4203番歌

第19巻
歌番号 4203番歌
作者 久米広縄
題詞 恨霍公鳥不喧歌一首
原文 家尓去而 奈尓乎将語 安之比奇能 山霍公鳥 一音毛奈家
訓読 家に行きて何を語らむあしひきの山霍公鳥一声も鳴け
かな いへにゆきて なにをかたらむ あしひきの やまほととぎす ひとこゑもなけ
英語(ローマ字) IHENIYUKITE NANIWOKATARAMU ASHIHIKINO YAMAHOTOTOGISU HITOKOゑMONAKE
家に帰って何を語り草にしよう。山ホトトギスよ。一声なりと鳴いておくれよ。
左注 判官久米朝臣廣縄
校異
用語 天平勝宝2年4月12日、年紀、作者:久米広縄、動物、枕詞、氷見、富山、みやげ、遊覧
タイトルとURLをコピーしました