万葉集 第19巻 4185番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4185番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4185番歌

第19巻
歌番号 4185番歌
作者 大伴家持
題詞 詠山振花歌一首[并短歌]
原文 宇都世美波 戀乎繁美登 春麻氣C 念繁波 引攀而 折毛不折毛 毎見 情奈疑牟等 繁山之 谿敝尓生流 山振乎 屋戸尓引殖而 朝露尓 仁保敝流花乎 毎見 念者不止 戀志繁母
訓読 うつせみは 恋を繁みと 春まけて 思ひ繁けば 引き攀ぢて 折りも折らずも 見るごとに 心なぎむと 茂山の 谷辺に生ふる 山吹を 宿に引き植ゑて 朝露に にほへる花を 見るごとに 思ひはやまず 恋し繁しも
かな うつせみは こひをしげみと はるまけて おもひしげけば ひきよぢて をりもをらずも みるごとに こころなぎむと しげやまの たにへにおふる やまぶきを やどにひきうゑて あさつゆに にほへるはなを みるごとに おもひはやまず こひししげしも
英語(ローマ字) UTSUSEMIHA KOHIWOSHIGEMITO HARUMAKETE OMOHISHIGEKEBA HIKIYODITE WORIMOWORAZUMO MIRUGOTONI KOKORONAGIMUTO SHIGEYAMANO TANIHENIOFURU YAMABUKIWO YADONIHIKIUゑTE ASATSUYUNI NIHOHERUHANAWO MIRUGOTONI OMOHIHAYAMAZU KOHISHISHIGESHIMO
生きてこの世にある身、人恋しくなります。春がやってくると、ひときわ人恋しくなります。引き寄せて折っても折らなくとも心がなごむだろうと思って、草木が生い茂る山の谷のあたりに生える山吹を家の庭に植えました。けれども、朝露にぬれて美しく咲く山吹を見ると、そのたびに切ない思いは止まず、人恋しさがつのってやみません。
左注
校異 殖 [元][類][細] 植
用語 天平勝宝2年4月5日、年紀、作者:大伴家持、植物、恋情、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました