万葉集 第19巻 4186番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4186番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4186番歌

第19巻
歌番号 4186番歌
作者 大伴家持
題詞 (詠山振花歌一首[并短歌])
原文 山吹乎 屋戸尓殖弖波 見其等尓 念者不止 戀己曽益礼
訓読 山吹を宿に植ゑては見るごとに思ひはやまず恋こそまされ
かな やまぶきを やどにうゑては みるごとに おもひはやまず こひこそまされ
英語(ローマ字) YAMABUKIWO YADONIUゑTEHA MIRUGOTONI OMOHIHAYAMAZU KOHIKOSOMASARE
山吹を家の庭に植えてはみたものの、目にするたびに切ない思いは止まず、かえって人恋しさがつのります。
左注
校異
用語 天平勝宝2年4月5日、年紀、作者:大伴家持、植物、恋情、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました