万葉集 第19巻 4279番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4279番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4279番歌

第19巻
歌番号4279番歌
作者船王
題詞廿七日林王宅餞之但馬按察使橘奈良麻呂朝臣宴歌三首
原文能登河乃 後者相牟 之麻之久母 別等伊倍婆 可奈之久母在香
訓読能登川の後には逢はむしましくも別るといへば悲しくもあるか
かなのとがはの のちにはあはむ しましくも わかるといへば かなしくもあるか
英語(ローマ字)NOTOGAHANO NOCHINIHAAHAMU SHIMASHIKUMO WAKARUTOIHEBA KANASHIKUMOARUKA
能登川ではないが、のちには逢えるのでここしばらくの別れと分かっていても、それでも別れは悲しいですね。
左注右一首治部卿船王
校異
用語天平勝宝4年11月27日、年紀、作者:船王、宴席、橘奈良麻呂、餞別、悲別、出発、羈旅、序詞、地名、奈良
タイトルとURLをコピーしました