万葉集 第19巻 4278番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4278番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4278番歌

第19巻
歌番号4278番歌
作者大伴家持
題詞(廿五日新甞會肆宴應詔歌六首)
原文足日木乃 夜麻之多日影 可豆良家流 宇倍尓也左良尓 梅乎之<努>波牟
訓読あしひきの山下ひかげかづらける上にやさらに梅をしのはむ
かなあしひきの やましたひかげ かづらける うへにやさらに うめをしのはむ
英語(ローマ字)ASHIHIKINO YAMASHITAHIKAGE KADURAKERU UHENIYASARANI UMEWOSHINOHAMU
山下に延びるヒカゲノカズラの蔓で頭髪を飾ったばかりなのに、さらに梅を愛でようというわけですか。
左注右一首少納言大伴宿祢家持
校異奴 努 [元][類]
用語天平勝宝4年11月25日、年紀、作者:大伴家持、肆宴、宴席、応詔、大君讃美、寿歌、新嘗祭、植物
タイトルとURLをコピーしました