万葉集 第19巻 4147番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4147番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4147番歌

第19巻
歌番号 4147番歌
作者 大伴家持
題詞 (夜裏聞千鳥<喧>歌二首)
原文 夜降而 鳴河波知登里 宇倍之許曽 昔人母 之<努>比来尓家礼
訓読 夜くたちて鳴く川千鳥うべしこそ昔の人も偲ひ来にけれ
かな よくたちて なくかはちどり うべしこそ むかしのひとも しのひきにけれ
英語(ローマ字) YOKUTACHITE NAKUKAHACHIDORI UBESHIKOSO MUKASHINOHITOMO SHINOHIKINIKERE
夜も更けて鳴く川千鳥、昔から人々が切ない声というのも、まさにもっともだ。
左注
校異 奴 努 [元]
用語 天平勝宝2年3月2日、年紀、作者:大伴家持、動物、懐古、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました