万葉集 第19巻 4222番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4222番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4222番歌

第19巻
歌番号 4222番歌
作者 久米広縄
題詞 九月三日宴歌二首
原文 許能之具礼 伊多久奈布里曽 和藝毛故尓 美勢牟我多米尓 母美知等里C牟
訓読 このしぐれいたくな降りそ我妹子に見せむがために黄葉取りてむ
かな このしぐれ いたくなふりそ わぎもこに みせむがために もみちとりてむ
英語(ローマ字) KONOSHIGURE ITAKUNAFURISO WAGIMOKONI MISEMUGATAMENI MOMICHITORITEMU
今降っているしぐれよ、そんなにひどく降らないでおくれ。わが妻に見せようと思ってモミジを採っているのだから。
左注 右一首<掾>久米朝臣廣縄作之
校異 様 掾 [西(訂正右書)][元][文][紀]
用語 天平勝宝2年9月3日、年紀、作者:久米広縄、宴席、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました