万葉集 第19巻 4277番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4277番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4277番歌

第19巻
歌番号 4277番歌
作者 藤原永手
題詞 (廿五日新甞會肆宴應詔歌六首)
原文 袖垂而 伊射吾苑尓 鴬乃 木傳令落 梅花見尓
訓読 袖垂れていざ我が園に鴬の木伝ひ散らす梅の花見に
かな そでたれて いざわがそのに うぐひすの こづたひちらす うめのはなみに
英語(ローマ字) SODETARETE IZAWAGASONONI UGUHISUNO KODUTAHICHIRASU UMENOHANAMINI
さあ、皆様方、晴れ着のまま私の庭にいらして下さい。鴬が梅の木伝いに散らす梅の花を見に。
左注 右一首大和國守藤原永<手>朝臣
校異 平 手 [西(訂正右書)][元][文][紀]
用語 天平勝宝4年11月25日、年紀、作者:藤原永手、肆宴、宴席、応詔、大君讃美、寿歌、新嘗祭、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました