万葉集 第19巻 4276番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4276番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4276番歌

第19巻
歌番号 4276番歌
作者 藤原八束
題詞 (廿五日新甞會肆宴應詔歌六首)
原文 嶋山尓 照在橘 宇受尓左之 仕奉者 卿大夫等
訓読 島山に照れる橘うずに刺し仕へまつるは卿大夫たち
かな しまやまに てれるたちばな うずにさし つかへまつるは まへつきみたち
英語(ローマ字) SHIMAYAMANI TERERUTACHIBANA UZUNISASHI TSUKAHEMATSURUHA MAHETSUKIMITACHI
庭山に照り映える橘の実。髪飾りにして頭に刺し、お仕えするのは卿や大夫たち。
左注 右一首右大辨藤原八束朝臣
校異
用語 天平勝宝4年11月25日、年紀、作者:藤原八束、肆宴、宴席、応詔、大君讃美、寿歌、新嘗祭、植物
タイトルとURLをコピーしました