万葉集 第19巻 4170番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4170番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4170番歌

第19巻
歌番号 4170番歌
作者 大伴家持
題詞 (為家婦贈在京尊母所誂作歌一首[并短歌])反歌一首
原文 白玉之 見我保之君乎 不見久尓 夷尓之乎礼婆 伊家流等毛奈之
訓読 白玉の見が欲し君を見ず久に鄙にし居れば生けるともなし
かな しらたまの みがほしきみを みずひさに ひなにしをれば いけるともなし
英語(ローマ字) SHIRATAMANO MIGAHOSHIKIMIWO MIZUHISANI HINANISHIWOREBA IKERUTOMONASHI
真珠のようにお目にかかりたくてならないあなた様を見ないまま長くなりました。田舎にいるので生きた心地もありません。
左注
校異
用語 天平勝宝2年3月、年紀、作者:大伴家持、贈答、代作、坂上郎女、坂上大嬢、恋情、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました