万葉集 第19巻 4258番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4258番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4258番歌

第19巻
歌番号 4258番歌
作者 作者不詳
題詞 (十月廿二日於左大辨紀飯麻呂朝臣家宴歌三首)
原文 明日香河 々戸乎清美 後居而 戀者京 弥遠曽伎奴
訓読 明日香川川門を清み後れ居て恋ふれば都いや遠そきぬ
かな あすかがは かはとをきよみ おくれゐて こふればみやこ いやとほそきぬ
英語(ローマ字) ASUKAGAHA KAHATOWOKIYOMI OKUREゐTE KOFUREBAMIYAKO IYATOHOSOKINU
明日香川川の渡し場が清らかなので 後に残った私は都が恋しくなるばかりだが、ああ都は遠のいてしまった。
左注 右一首左中辨中臣朝臣清麻呂傳誦 古京時歌也
校異
用語 天平勝宝3年10月22日、年紀、地名、明日香、奈良、中臣清麻呂、伝誦、古歌、恋情、宴席
タイトルとURLをコピーしました