万葉集 第19巻 4259番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4259番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4259番歌

第19巻
歌番号 4259番歌
作者 大伴家持
題詞 (十月廿二日於左大辨紀飯麻呂朝臣家宴歌三首)
原文 十月 之具礼能常可 吾世古河 屋戸乃黄葉 可落所見
訓読 十月時雨の常か我が背子が宿の黄葉散りぬべく見ゆ
かな かむなづき しぐれのつねか わがせこが やどのもみちば ちりぬべくみゆ
英語(ローマ字) KAMUNADUKI SHIGURENOTSUNEKA WAGASEKOGA YADONOMOMICHIBA CHIRINUBEKUMIYU
神無月(かむなづき)、しぐれの季節の常なのでしょう。あなた様の家の庭の黄葉が散り始めたようですね。
左注 右一首少納言大伴宿祢家持當時矚梨黄葉作此歌也
校異
用語 天平勝宝3年10月22日、年紀、作者:大伴家持、植物、属目、宴席
タイトルとURLをコピーしました