万葉集 第19巻 4140番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4140番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4140番歌

第19巻
歌番号 4140番歌
作者 大伴家持
題詞 (天平勝寶二年三月一日之暮眺矚春苑桃李花<作>二首)
原文 吾園之 李花可 庭尓落 波太礼能未 遣在可母
訓読 吾が園の李の花か庭に散るはだれのいまだ残りたるかも
かな わがそのの すもものはなか にはにちる はだれのいまだ のこりたるかも
英語(ローマ字) WAGASONONO SUMOMONOHANAKA NIHANICHIRU HADARENOIMADA NOKORITARUKAMO
わが庭の園のまだら模様は白い李(すもも)の花が散り敷いたものだろうか。それとも淡雪が消え残ったのだろうか。
左注
校異
用語 天平勝宝2年3月1日、年紀、作者:大伴家持、植物、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました