万葉集 第19巻 4139番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4139番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4139番歌

第19巻
歌番号 4139番歌
作者 大伴家持
題詞 天平勝寶二年三月一日之暮眺矚春苑桃李花<作>二首
原文 春苑 紅尓保布 桃花 下<照>道尓 出立D嬬
訓読 春の園紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ娘子
かな はるのその くれなゐにほふ もものはな したでるみちに いでたつをとめ
英語(ローマ字) HARUNOSONO KURENAゐNIHOFU MOMONOHANA SHITADERUMICHINI IDETATSUWOTOME
春の園紅(くれない)に輝く桃の花その下の道も紅に輝いている。その道に出て立つ乙女。
左注
校異 作歌 作 [元][文][紀] / 昭 照 [元][類][紀]
用語 天平勝宝2年3月1日、年紀、作者:大伴家持、植物、絵画、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました