万葉集 第18巻 4138番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4138番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4138番歌

第18巻
歌番号 4138番歌
作者 大伴家持
題詞 縁檢察墾田地事宿礪波郡主帳多治比部北里之家 于時忽起風雨不得辞去作歌一首
原文 夜夫奈美能 佐刀尓夜度可里 波流佐米尓 許母理都追牟等 伊母尓都宜都夜
訓読 薮波の里に宿借り春雨に隠りつつむと妹に告げつや
かな やぶなみの さとにやどかり はるさめに こもりつつむと いもにつげつや
英語(ローマ字) YABUNAMINO SATONIYADOKARI HARUSAMENI KOMORITSUTSUMUTO IMONITSUGETSUYA
薮波の里で宿を借りたところ、激しい春雨が降ってきて宿にこもっている。このことを誰か妻に告げてくれただろうか。
左注 二月十八日守大伴宿祢家持作
校異
用語 天平勝宝2年2月18日、作者:大伴家持、年紀、地名、砺波、富山、宴席、多治比部北里
タイトルとURLをコピーしました