万葉集 第18巻 4076番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4076番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4076番歌

第18巻
歌番号 4076番歌
作者 大伴家持
題詞 越中國守大伴家持報贈歌四首 / 一 答古人云
原文 安之比奇能 夜麻波奈久毛我 都奇見礼婆 於奈自伎佐刀乎 許己呂敝太底都
訓読 あしひきの山はなくもが月見れば同じき里を心隔てつ
かな あしひきの やまはなくもが つきみれば おなじきさとを こころへだてつ
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMAHANAKUMOGA TSUKIMIREBA ONAJIKISATOWO KOKOROHEDATETSU
山がなければなあ、月を見ると同じ里にいると思われるのにそんな心を山は隔ててしまっている。
左注 (三月十六日)
校異
用語 天平20年3月16日、作者:大伴家持、年紀、高岡、富山、贈答、書簡、大伴池主、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました