万葉集 第18巻 4085番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4085番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4085番歌

第18巻
歌番号 4085番歌
作者 大伴家持
題詞 天平感寶元年五月五日饗東大寺之占墾地使僧平榮等 于守大伴宿祢家持送酒僧歌一首
原文 夜伎多知乎 刀奈美能勢伎尓 安須欲里波 毛利敝夜里蘇倍 伎美乎<等登>米牟
訓読 焼太刀を砺波の関に明日よりは守部遣り添へ君を留めむ
かな やきたちを となみのせきに あすよりは もりへやりそへ きみをとどめむ
英語(ローマ字) YAKITACHIWO TONAMINOSEKINI ASUYORIHA MORIHEYARISOHE KIMIWOTODOMEMU
焼太刀を研ぐという砺波(となみ)の関に明日からは番人を置いて、あなたにゆっくり留まっていただきましょう。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 登等 等登 [元][類]
用語 天平感宝1年5月5日、作者:大伴家持、年紀、枕詞、平栄、宴席、羈旅、出発、別離、餞別、高岡、富山、地名、砺波
タイトルとURLをコピーしました