万葉集 第18巻 4084番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4084番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4084番歌

第18巻
歌番号 4084番歌
作者 大伴家持
題詞 (越中守大伴宿祢家持報歌并所心三首)別所心一首
原文 安可登吉尓 名能里奈久奈流 保登等藝須 伊夜米豆良之久 於毛保由流香母
訓読 暁に名告り鳴くなる霍公鳥いやめづらしく思ほゆるかも
かな あかときに なのりなくなる ほととぎす いやめづらしく おもほゆるかも
英語(ローマ字) AKATOKINI NANORINAKUNARU HOTOTOGISU IYAMEDURASHIKU OMOHOYURUKAMO
暁に名を告げながら鳴くホトトギス。いや本当に懐かしく思いました。
左注 右四日附使贈上京師
校異
用語 天平20年4(月4)日、作者:大伴家持、年紀、動物、贈答、坂上郎女、序詞、恋情、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました