万葉集 第18巻 4038番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4038番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4038番歌

第18巻
歌番号 4038番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 (于時期之明日将遊覧布勢水海仍述懐各作歌)
原文 多麻久之氣 伊都之可安氣牟 布勢能宇美能 宇良乎由伎都追 多麻母比利波牟
訓読 玉櫛笥いつしか明けむ布勢の海の浦を行きつつ玉も拾はむ
かな たまくしげ いつしかあけむ ふせのうみの うらをゆきつつ たまもひりはむ
英語(ローマ字) TAMAKUSHIGE ITSUSHIKAAKEMU FUSENOUMINO URAWOYUKITSUTSU TAMAMOHIRIHAMU
玉櫛笥のように早く夜が明けてほしい。布勢の海の浦を歩みながら玉(小石ないし貝)も拾おう。
左注 (右五首田邊史福麻呂 / 前件十首歌者廿四日宴作之 )
校異
用語 天平20年3月24日、作者:田辺福麻呂、地名、枕詞、氷見、富山、土地讃美、宴席、年紀
タイトルとURLをコピーしました