万葉集 第18巻 4087番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4087番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4087番歌

第18巻
歌番号 4087番歌
作者 内蔵縄麻呂
題詞 (同月九日諸僚會少目秦伊美吉石竹之舘飲宴 於時主人造白合花縵三枚疊置豆器捧贈賓客 各賦此縵作三首)
原文 等毛之火能 比可里尓見由流 <左>由理婆奈 由利毛安波牟等 於母比曽米弖伎
訓読 灯火の光りに見ゆるさ百合花ゆりも逢はむと思ひそめてき
かな ともしびの ひかりにみゆる さゆりばな ゆりもあはむと おもひそめてき
英語(ローマ字) TOMOSHIBINO HIKARINIMIYURU SAYURIBANA YURIMOAHAMUTO OMOHISOMETEKI
灯火の光に揺れて見える百合の花、そのゆりではないが、後々もこうして会おうと思い始めました。
左注 右一首介内蔵伊美吉縄麻呂
校異 佐 左 [元][類]
用語 天平感宝1年5月9日、作者:内蔵縄麻呂、年紀、植物、宴席、秦石竹、序詞、主人讃美、恋情、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました