万葉集 第18巻 4072番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4072番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4072番歌

第18巻
歌番号 4072番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 奴<婆>多麻能 欲和多流都奇乎 伊久欲布等 余美都追伊毛波 和礼麻都良牟曽
訓読 ぬばたまの夜渡る月を幾夜経と数みつつ妹は我れ待つらむぞ
かな ぬばたまの よわたるつきを いくよふと よみつついもは われまつらむぞ
英語(ローマ字) NUBATAMANO YOWATARUTSUKIWO IKUYOFUTO YOMITSUTSUIMOHA WAREMATSURAMUZO
月は毎夜毎夜、天空を渡っていくが、その月夜を指折り数えて故郷の彼女は私を待っているだろうに。
左注 右此夕月光遅流和風稍扇 即因属目聊作此歌也
校異 波 婆 [元][類]
用語 天平20年、作者:大伴家持、年紀、叙景、高岡、富山、枕詞、望郷
タイトルとURLをコピーしました