万葉集 第18巻 4036番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4036番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4036番歌

第18巻
歌番号 4036番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 于時期之明日将遊覧布勢水海仍述懐各作歌
原文 伊可尓安流 布勢能宇良曽毛 許己太久尓 吉民我弥世武等 和礼乎等登牟流
訓読 いかにある布勢の浦ぞもここだくに君が見せむと我れを留むる
かな いかにある ふせのうらぞも ここだくに きみがみせむと われをとどむる
英語(ローマ字) IKANIARU FUSENOURAZOMO KOKODAKUNI KIMIGAMISEMUTO WAREWOTODOMURU
どんな浜なのだろう、布勢の浦は。私に見せようとしきりに私を留めるのは。
左注 右一首田邊史福麻呂 ( / 前件十首歌者廿四日宴作之 )
校異
用語 天平20年3月24日、作者:田辺福麻呂、地名、氷見、富山、土地讃美、遊覧、宴席、年紀
タイトルとURLをコピーしました