万葉集 第18巻 4054番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4054番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4054番歌

第18巻
歌番号 4054番歌
作者 大伴家持
題詞 (掾久米朝臣廣縄之舘饗田邊史福麻呂宴歌四首)
原文 保等登藝須 許欲奈枳和多礼 登毛之備乎 都久欲尓奈蘇倍 曽能可氣母見牟
訓読 霍公鳥こよ鳴き渡れ燈火を月夜になそへその影も見む
かな ほととぎす こよなきわたれ ともしびを つくよになそへ そのかげもみむ
英語(ローマ字) HOTOTOGISU KOYONAKIWATARE TOMOSHIBIWO TSUKUYONINASOHE SONOKAGEMOMIMU
ホトトギスよ、ここを鳴きつつ渡っておくれ。この灯火を月夜の月光に見立てて飛ぶその影も見たいから。
左注 (右二首大伴宿祢家持 / 前<件>歌者廿六日作之)
校異
用語 天平20年3月26日、作者:大伴家持、年紀、久米広縄、田辺福麻呂、動物、宴席、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました