万葉集 第18巻 4105番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4105番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4105番歌

第18巻
歌番号 4105番歌
作者 大伴家持
題詞 (為贈京家願真珠歌一首[并短歌])
原文 思良多麻能 伊保都追度比乎 手尓牟須妣 於許世牟安麻波 牟賀思久母安流香[一云 我家牟伎波母]
訓読 白玉の五百つ集ひを手にむすびおこせむ海人はむがしくもあるか [一云 我家牟伎波母]
かな しらたまの いほつつどひを てにむすび おこせむあまは むがしくもあるか [*******]
英語(ローマ字) SHIRATAMANO IHOTSUTSUDOHIWO TENIMUSUBI OKOSEMUAMAHA MUGASHIKUMOARUKA [*******]
真珠をどっさり両手にすくって贈ってくれる海女さんがいたら、どんなありがたいことよ。
左注 右五月十四日大伴宿祢家持依興作
校異
用語 天平感宝1年5月14日、作者:大伴家持、年紀、贈答、高岡、富山、異伝、推敲、難訓
タイトルとURLをコピーしました