万葉集 第18巻 4034番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4034番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4034番歌

第18巻
歌番号 4034番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 (天平廿年春三月廾三日左大臣橘家之使者造酒司令史田<邊>福麻呂饗于守大伴宿祢家持舘爰作新歌并便誦古詠各述心緒)
原文 奈呉能宇美尓 之保能波夜非波 安佐里之尓 伊<泥>牟等多豆波 伊麻曽奈久奈流
訓読 奈呉の海に潮の早干ばあさりしに出でむと鶴は今ぞ鳴くなる
かな なごのうみに しほのはやひば あさりしに いでむとたづは いまぞなくなる
英語(ローマ字) NAGONOUMINI SHIHONOHAYAHIBA ASARISHINI IDEMUTOTADUHA IMAZONAKUNARU
奈呉(なご)の海の潮が早く引かないかと待ちかまえ、エサを取りに飛び立とうと鶴たちは今鳴き立てている。
左注 (右四首田邊史福麻呂)
校異 R 泥 [元][類][紀][細]
用語 天平20年3月23日、作者:田辺福麻呂、地名、高岡、富山、動物、叙景、宴席、挨拶、大伴家持、年紀
タイトルとURLをコピーしました