万葉集 第18巻 4124番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4124番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4124番歌

第18巻
歌番号 4124番歌
作者 大伴家持
題詞 賀雨落歌一首
原文 和我保里之 安米波布里伎奴 可久之安良<婆> 許登安氣世受杼母 登思波佐可延牟
訓読 我が欲りし雨は降り来ぬかくしあらば言挙げせずとも年は栄えむ
かな わがほりし あめはふりきぬ かくしあらば ことあげせずとも としはさかえむ
英語(ローマ字) WAGAHORISHI AMEHAFURIKINU KAKUSHIARABA KOTOAGESEZUTOMO TOSHIHASAKAEMU
我が待ち望んだ雨は降ってきてくれた。この調子だと仰々しく言い立てなくとも、今年も五穀豊穣になろう。
左注 右一首同月四日大伴宿祢家持作
校異 波 婆 [元]
用語 天平感宝1年6月4日、作者:大伴家持、年紀、雨乞い、寿歌、賀歌、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました