万葉集 第18巻 4123番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4123番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4123番歌

第18巻
歌番号 4123番歌
作者 大伴家持
題詞 (天平感寶元年閏五月六日以来起小旱百姓田畝稍有<凋>色<也> 至于六月朔日忽見雨雲之氣仍作雲歌一首 [短歌一絶])反歌一首
原文 許能美由流 久毛保妣許里弖 等能具毛理 安米毛布良奴可 <己許>呂太良比尓
訓読 この見ゆる雲ほびこりてとの曇り雨も降らぬか心足らひに
かな このみゆる くもほびこりて とのくもり あめもふらぬか こころだらひに
英語(ローマ字) KONOMIYURU KUMOHOBIKORITE TONOKUMORI AMEMOFURANUKA KOKORODARAHINI
今見えているこの雲が広がって空一面に曇り、雨が降ってくれないだろうか、心ゆくまで。
左注 右二首六月一日晩頭守大伴宿祢家持作之
校異 許己 己許 [元][類]
用語 天平感宝1年6月1日、作者:大伴家持、年紀、雨乞い、寿歌、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました