万葉集 第18巻 4112番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4112番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4112番歌

第18巻
歌番号 4112番歌
作者 大伴家持
題詞 (橘歌一首[并短歌])反歌一首
原文 橘波 花尓毛實尓母 美都礼騰母 移夜時自久尓 奈保之見我保之
訓読 橘は花にも実にも見つれどもいや時じくになほし見が欲し
かな たちばなは はなにもみにも みつれども いやときじくに なほしみがほし
英語(ローマ字) TACHIBANAHA HANANIMOMINIMO MITSUREDOMO IYATOKIJIKUNI NAHOSHIMIGAHOSHI
橘は花の咲く時も実に成るときも見ているけれど、いや、いつということもなく、なお目にしたい。
左注 閏五月廿三日大伴宿祢家持作之
校異
用語 天平感宝1年閏5月23日、作者:大伴家持、年紀、植物、賀歌、寿歌、橘諸兄、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました