万葉集 第18巻 4113番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4113番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4113番歌

第18巻
歌番号4113番歌
作者大伴家持
題詞庭中花作歌一首[并短歌]
原文於保支見能 等保能美可等々 末支太末不 官乃末尓末 美由支布流 古之尓久多利来 安良多末能 等之<乃>五年 之吉多倍乃 手枕末可受 比毛等可須 末呂宿乎須礼波 移夫勢美等 情奈具左尓 奈泥之故乎 屋戸尓末<枳>於保之 夏能<々> 佐由利比伎宇恵天 開花乎 移<弖>見流其等尓 那泥之古我 曽乃波奈豆末尓 左由理花 由利母安波無等 奈具佐無流 許己呂之奈久波 安末射可流 比奈尓一日毛 安流部久母安礼也
訓読大君の 遠の朝廷と 任きたまふ 官のまにま み雪降る 越に下り来 あらたまの 年の五年 敷栲の 手枕まかず 紐解かず 丸寝をすれば いぶせみと 心なぐさに なでしこを 宿に蒔き生ほし 夏の野の さ百合引き植ゑて 咲く花を 出で見るごとに なでしこが その花妻に さ百合花 ゆりも逢はむと 慰むる 心しなくは 天離る 鄙に一日も あるべくもあれや
かなおほきみの とほのみかどと まきたまふ つかさのまにま みゆきふる こしにくだりき あらたまの としのいつとせ しきたへの たまくらまかず ひもとかず まろねをすれば いぶせみと こころなぐさに なでしこを やどにまきおほし なつののの さゆりひきうゑて さくはなを いでみるごとに なでしこが そのはなづまに さゆりばな ゆりもあはむと なぐさむる こころしなくは あまざかる ひなにひとひも あるべくもあれや
英語(ローマ字)OHOKIMINO TOHONOMIKADOTO MAKITAMAFU TSUKASANOMANIMA MIYUKIFURU KOSHINIKUDARIKI ARATAMANO TOSHINOITSUTOSE SHIKITAHENO TAMAKURAMAKAZU HIMOTOKAZU MARONEWOSUREBA IBUSEMITO KOKORONAGUSANI NADESHIKOWO YADONIMAKIOHOSHI NATSUNONONO SAYURIHIKIUゑTE SAKUHANAWO IDEMIRUGOTONI NADESHIKOGA SONOHANADUMANI SAYURIBANA YURIMOAHAMUTO NAGUSAMURU KOKOROSHINAKUHA AMAZAKARU HINANIHITOHIMO ARUBEKUMOAREYA
大君の遠(とお)の朝廷(みかど)へと任命され、官職の役目のままに、雪深い越の国に下ってきた。以来五年もの間、手枕もせず、着物の紐も解かず、ごろ寝する日々は気が滅入る。その心の慰めに、ナデシコをわが庭に蒔いて育てる。夏には野外から百合を引いてきて植え、花が咲くのを庭に出て見る。ナデシコがその花妻にする百合を眺める。そのゆりのように後(ゆり)には逢おうと慰めることでもなければ、遠い遠い田舎の地に一日たりと暮らしていけようか。
左注(同閏五月廿六日大伴宿祢家持作)
校異短歌 [西] 短謌 / 能 乃 [元][類] / 波 [類] 婆 / <> 枳 [西(右書)][元][類][紀] / 々之 々 [元][類] / R 弖 [元][類]
用語天平感宝1年閏5月26日、作者:大伴家持、年紀、植物、枕詞、慰撫、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました