万葉集 第18巻 4114番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4114番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4114番歌

第18巻
歌番号 4114番歌
作者 大伴家持
題詞 (庭中花作歌一首[并短歌])反歌二首
原文 奈泥之故我 花見流其等尓 乎登女良我 恵末比能尓保比 於母保由流可母
訓読 なでしこが花見るごとに娘子らが笑まひのにほひ思ほゆるかも
かな なでしこが はなみるごとに をとめらが ゑまひのにほひ おもほゆるかも
英語(ローマ字) NADESHIKOGA HANAMIRUGOTONI WOTOMERAGA ゑMAHINONIHOHI OMOHOYURUKAMO
ナデシコの花を見るたびに都の彼女(坂上大嬢)の輝くように美しいほほえみが思い浮かぶ。
左注 (同閏五月廿六日大伴宿祢家持作)
校異
用語 天平感宝1年閏5月26日、作者:大伴家持、年紀、高岡、富山、植物、恋愛
タイトルとURLをコピーしました