万葉集 第18巻 4115番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4115番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4115番歌

第18巻
歌番号 4115番歌
作者 大伴家持
題詞 ((庭中花作歌一首[并短歌])反歌二首)
原文 佐由利花 由利母相等 之多波布流 許己呂之奈久波 今日母倍米夜母
訓読 さ百合花ゆりも逢はむと下延ふる心しなくは今日も経めやも
かな さゆりばな ゆりもあはむと したはふる こころしなくは けふもへめやも
英語(ローマ字) SAYURIBANA YURIMOAHAMUTO SHITAHAFURU KOKOROSHINAKUHA KEFUMOHEMEYAMO
百合の花にかこつけてゆり(後)に逢おうとずっとひそかに思い続ける、その心がなければ今日の一日たりと過ごせようか。
左注 同閏五月廿六日大伴宿祢家持作
校異
用語 天平感宝1年閏5月26日、作者:大伴家持、年紀、植物、慰撫、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました