万葉集 第18巻 4116番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4116番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4116番歌

第18巻
歌番号 4116番歌
作者 大伴家持
題詞 國掾久米朝臣廣縄以天平廿年附朝集使入京 其事畢而天平感寶元年閏五月廿七日還到本任 仍長官之舘設詩酒宴樂飲 於時主人守大伴宿祢家持作歌一首[并短歌]
原文 於保支見能 末支能末尓々々 等里毛知C 都可布流久尓能 年内能 許登可多祢母知 多末保許能 美知尓伊天多知 伊波祢布美 也末古衣野由支 弥夜故敝尓 末為之和我世乎 安良多末乃 等之由吉我弊理 月可佐祢 美奴日佐末祢美 故敷流曽良 夜須久之安良祢波 保止々支須 支奈久五月能 安夜女具佐 余母疑可豆良伎 左加美都伎 安蘇比奈具礼止 射水河 雪消溢而 逝水能 伊夜末思尓乃未 多豆我奈久 奈呉江能須氣能 根毛己呂尓 於母比牟須保礼 奈介伎都々 安我末<川>君我 許登乎波里 可敝利末可利天 夏野能 佐由里能波奈能 花咲尓 々布夫尓恵美天 阿波之多流 今日乎波自米C 鏡奈須 可久之都祢見牟 於毛我波利世須
訓読 大君の 任きのまにまに 取り持ちて 仕ふる国の 年の内の 事かたね持ち 玉桙の 道に出で立ち 岩根踏み 山越え野行き 都辺に 参ゐし我が背を あらたまの 年行き返り 月重ね 見ぬ日さまねみ 恋ふるそら 安くしあらねば 霍公鳥 来鳴く五月の あやめぐさ 蓬かづらき 酒みづき 遊びなぐれど 射水川 雪消溢りて 行く水の いや増しにのみ 鶴が鳴く 奈呉江の菅の ねもころに 思ひ結ぼれ 嘆きつつ 我が待つ君が 事終り 帰り罷りて 夏の野の さ百合の花の 花笑みに にふぶに笑みて 逢はしたる 今日を始めて 鏡なす かくし常見む 面変りせず
かな おほきみの まきのまにまに とりもちて つかふるくにの としのうちの ことかたねもち たまほこの みちにいでたち いはねふみ やまこえのゆき みやこへに まゐしわがせを あらたまの としゆきがへり つきかさね みぬひさまねみ こふるそら やすくしあらねば ほととぎす きなくさつきの あやめぐさ よもぎかづらき さかみづき あそびなぐれど いみづかは ゆきげはふりて ゆくみづの いやましにのみ たづがなく なごえのすげの ねもころに おもひむすぼれ なげきつつ あがまつきみが ことをはり かへりまかりて なつののの さゆりのはなの はなゑみに にふぶにゑみて あはしたる けふをはじめて かがみなす かくしつねみむ おもがはりせず
英語(ローマ字) OHOKIMINO MAKINOMANIMANI TORIMOCHITE TSUKAFURUKUNINO TOSHINOUCHINO KOTOKATANEMOCHI TAMAHOKONO MICHINIIDETACHI IHANEFUMI YAMAKOENOYUKI MIYAKOHENI MAゐSHIWAGASEWO ARATAMANO TOSHIYUKIGAHERI TSUKIKASANE MINUHISAMANEMI KOFURUSORA YASUKUSHIARANEBA HOTOTOGISU KINAKUSATSUKINO AYAMEGUSA YOMOGIKADURAKI SAKAMIDUKI ASOBINAGUREDO IMIDUKAHA YUKIGEHAFURITE YUKUMIDUNO IYAMASHININOMI TADUGANAKU NAGOENOSUGENO NEMOKORONI OMOHIMUSUBORE NAGEKITSUTSU AGAMATSUKIMIGA KOTOWOHARI KAHERIMAKARITE NATSUNONONO SAYURINOHANANO HANAゑMINI NIFUBUNIゑMITE AHASHITARU KEFUWOHAJIMETE KAGAMINASU KAKUSHITSUNEMIMU OMOGAHARISEZU
大君の任命のままに政務を背負って仕える国(越の国)の年内の事柄をすべてとりまとめ、(報告)に旅だった貴君。岩場を踏み越え、山を越え、野を横切って都に詣でた貴君。年があらたまって月を重ね、貴君の顔を見ない日々が重なった。貴君恋しさに落ち着かなかった。ホトトギスが来て鳴く五月となり、あやめ草やヨモギをかづらにして頭を飾り、(寂しさに)酒盛りなどして心を慰めようとした。けれども、射水川に雪解け水があふれ、流れゆく水かさは増すばかり。鶴が鳴く奈呉江の菅草(すげくさ)のようにしっかり思いが結ばれた貴君がいないのを嘆いて待っていた。その貴君が役目を終えて帰ってきた。夏の野に咲く百合の花のようににっこり笑ってこうして逢って下さった。その今日の日を手始めに、鏡のように手近によくよくお逢いしましょう。そのにこやかなお顔のまま。
左注
校異 短歌 [西] 短哥 / 津 川 [元][紀][細]
用語 天平感宝1年閏5月27日、作者:大伴家持、年紀、宴席、歓迎、帰任、久米広縄、動物、植物、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました