万葉集 第18巻 4117番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4117番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4117番歌

第18巻
歌番号 4117番歌
作者 大伴家持
題詞 (國掾久米朝臣廣縄以天平廿年附朝集使入京 其事畢而天平感寶元年閏五月廿七日還到本任 仍長官之舘設詩酒宴樂飲 於時主人守大伴宿祢家持作歌一首[并短歌])反歌二首
原文 許序能秋 安比見之末尓末 今日見波 於毛夜目都良之 美夜古可多比等
訓読 去年の秋相見しまにま今日見れば面やめづらし都方人
かな こぞのあき あひみしまにま けふみれば おもやめづらし みやこかたひと
英語(ローマ字) KOZONOAKI AHIMISHIMANIMA KEFUMIREBA OMOYAMEDURASHI MIYAKOKATAHITO
去年の秋にお逢いして以来ですね。今日お逢いしたらお顔がすっかり様変わりされ、ほんにまあ都のお方みたいですね。
左注
校異
用語 天平感宝1年閏5月27日、作者:大伴家持、年紀、宴席、歓迎、帰任、久米広縄、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました