万葉集 第18巻 4134番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4134番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4134番歌

第18巻
歌番号 4134番歌
作者 大伴家持
題詞 宴席詠雪月梅花歌一首
原文 由吉<乃>宇倍尓 天礼流都久欲尓 烏梅能播奈 乎<理>天於久良牟 波之伎故毛我母
訓読 雪の上に照れる月夜に梅の花折りて送らむはしき子もがも
かな ゆきのうへに てれるつくよに うめのはな をりておくらむ はしきこもがも
英語(ローマ字) YUKINOUHENI TERERUTSUKUYONI UMENOHANA WORITEOKURAMU HASHIKIKOMOGAMO
雪が降って輝く月夜に梅の花を折って贈ってやる、いとしい娘でもいたらなあ。
左注 右一首一二月大伴宿祢家持作
校異 能 乃 [元][類] / <> 理 [西(右書)][元][類][紀]
用語 天平勝宝1年12月、作者:大伴家持、年紀、宴席、題詠、植物、恋愛、文芸

解説

題詞は「宴席で詠んだ雪月梅花の歌一首」という意味。
「雪月花」は景観が最も美しいと思われる語句3つ(雪・月・花(梅花、桜など))を合わせて作った造語であり、四季折々のような意味で使われることが多い。本歌は雪月花の言葉を最初に使ったとされる有名な歌。

「はしき子もがも」は「いとしい娘でもいたらなあ」という意味。

左注は「右の一首、12月、大伴宿祢家持の作」。12月は旧暦で、現代では約1月ごろを指す。

タイトルとURLをコピーしました