万葉集 第18巻 4037番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4037番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4037番歌

第18巻
歌番号 4037番歌
作者 大伴家持
題詞 (于時期之明日将遊覧布勢水海仍述懐各作歌)
原文 乎敷乃佐吉 許藝多母等保里 比祢毛須尓 美等母安久倍伎 宇良尓安良奈久尓[一云 伎美我等波須母]
訓読 乎布の崎漕ぎた廻りひねもすに見とも飽くべき浦にあらなくに [一云 君が問はすも]
かな をふのさき こぎたもとほり ひねもすに みともあくべき うらにあらなくに [きみがとはすも]
英語(ローマ字) WOFUNOSAKI KOGITAMOTOHORI HINEMOSUNI MITOMOAKUBEKI URANIARANAKUNI [KIMIGATOHASUMO]
乎布(をふ)の崎を漕ぎ回ると、一日中見ていても飽くような浦ではありません。
左注 右一首守大伴宿祢家持 ( / 前件十首歌者廿四日宴作之 )
校異
用語 天平20年3月24日、作者:大伴家持、地名、氷見、布施、富山、土地讃美、宴席、年紀
タイトルとURLをコピーしました