万葉集 第18巻 4062番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4062番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4062番歌

第18巻
歌番号 4062番歌
作者 作者不詳
題詞 (太上皇御在於難波宮之時歌七首 [清足姫天皇也]) /
原文 奈都乃欲波 美知多豆多都之 布祢尓能里 可波乃瀬其等尓 佐乎左指能保礼
訓読 夏の夜は道たづたづし船に乗り川の瀬ごとに棹さし上れ
かな なつのよは みちたづたづし ふねにのり かはのせごとに さをさしのぼれ
英語(ローマ字) NATSUNOYOHA MICHITADUTADUSHI FUNENINORI KAHANOSEGOTONI SAWOSASHINOBORE
夏の夜は木々が生い茂って引き船がおぼつかない。なので船に乗って、川の瀬ごとにさおを差して行くのがよい。
左注 右件歌者御船以綱手泝江遊宴之日作也 傳誦之人田邊史福麻呂是也
校異
用語 宴席、元正天皇、田辺福麻呂、伝誦、行幸、肆宴、宴席
タイトルとURLをコピーしました