万葉集 第18巻 4130番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4130番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4130番歌

第18巻
歌番号 4130番歌
作者 大伴池主
題詞 (越前國掾大伴宿祢池主来贈戯歌四首 / 忽辱恩賜 驚欣已深 心中含咲獨座稍開 表裏不同相違何異 推量所由率尓作策歟 明知加言豈有他意乎 凡賀易本物其罪不軽 正贓倍贓宣<急>并満 今勒風雲發遣<徴>使 早速返報不須延廻 / 勝寶元年十一月十二日 物所貿易下吏 / 謹訴貿易人断官司 廳下 / 別<白> 可怜之意不能黙止 聊述四詠准擬睡覺)
原文 波利夫久路 應婢都々氣奈我良 佐刀其等邇 天良佐比安流氣騰 比等毛登賀米授
訓読 針袋帯び続けながら里ごとに照らさひ歩けど人もとがめず
かな はりぶくろ おびつつけながら さとごとに てらさひあるけど ひともとがめず
英語(ローマ字) HARIBUKURO OBITSUTSUKENAGARA SATOGOTONI TERASAHIARUKEDO HITOMOTOGAMEZU
針袋を腰にぶら下げて里という里を見せびらかして歩いてみたが、誰一人とがめる様子がありません。
左注 (右歌之返報歌者脱漏不得探求也)
校異
用語 天平勝宝1年11月12日、作者:大伴池主、年紀、贈答、大伴家持、書簡、戯歌、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました