万葉集 第18巻 4074番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4074番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4074番歌

第18巻
歌番号 4074番歌
作者 大伴池主
題詞 (越前國掾大伴宿祢池主来贈歌三首 / 以今月十四日到来深見村 望拜彼北方常念芳徳 何日能休 兼以隣近忽増戀 加以先書云 暮春可惜 促膝未期 生別悲<兮> 夫復何言臨紙悽断奉状不備 / 三月一五日大伴宿祢池主) / 一 属物發思
原文 櫻花 今曽盛等 雖人云 我佐不之毛 支美止之不在者
訓読 桜花今ぞ盛りと人は言へど我れは寂しも君としあらねば
かな さくらばな いまぞさかりと ひとはいへど われはさぶしも きみとしあらねば
英語(ローマ字) SAKURABANA IMAZOSAKARITO HITOHAIHEDO WAREHASABUSHIMO KIMITOSHIARANEBA
桜の花は今まさに盛りと人は言うけれど、私は寂しい。あなた様と一緒でないので。
左注
校異 在 [元][類] 里
用語 天平20年3月15日、作者:大伴池主、年紀、大伴家持、高岡、富山、贈答、書簡、福井、恋情、植物
タイトルとURLをコピーしました