万葉集 第18巻 4126番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4126番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4126番歌

第18巻
歌番号 4126番歌
作者 大伴家持
題詞 (七夕歌一首[并短歌])反歌二首
原文 安麻能我波 々志和多世良波 曽能倍由母 伊和多良佐牟乎 安吉尓安良受得物
訓読 天の川橋渡せらばその上ゆもい渡らさむを秋にあらずとも
かな あまのがは はしわたせらば そのへゆも いわたらさむを あきにあらずとも
英語(ローマ字) AMANOGAHA HASHIWATASERABA SONOHEYUMO IWATARASAMUWO AKINIARAZUTOMO
天の川にもし橋が渡してあったなら、その橋を渡っていくことが出来るのに、秋でなくとも。
左注 (右七月七日仰見天漢大伴宿祢家持作)
校異
用語 天平感宝1年7月7日、作者:大伴家持、年紀、七夕、寿歌、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました