万葉集 第18巻 4127番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4127番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4127番歌

第18巻
歌番号4127番歌
作者大伴家持
題詞((七夕歌一首[并短歌])反歌二首)
原文夜須能河波 許牟可比太知弖 等之<乃>古非 氣奈我伎古良河 都麻度比能欲曽
訓読安の川こ向ひ立ちて年の恋日長き子らが妻どひの夜ぞ
かなやすのかは こむかひたちて としのこひ けながきこらが つまどひのよぞ
英語(ローマ字)YASUNOKAHA KOMUKAHITACHITE TOSHINOKOHI KENAGAKIKORAGA TSUMADOHINOYOZO
安の川を隔てて向い合って立ち、恋い焦がれながら、一年という長い月日を待ちに待ったお二人。久々の逢瀬を迎える今宵は。
左注右七月七日仰見天漢大伴宿祢家持作
校異許 [万葉集古義](塙) 伊 / 能 乃 [元][類]
用語天平感宝1年7月7日、作者:大伴家持、年紀、七夕、寿歌、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました