万葉集 第18巻 4075番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4075番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4075番歌

第18巻
歌番号 4075番歌
作者 大伴池主
題詞 (越前國掾大伴宿祢池主来贈歌三首 / 以今月十四日到来深見村 望拜彼北方常念芳徳 何日能休 兼以隣近忽増戀 加以先書云 暮春可惜 促膝未期 生別悲<兮> 夫復何言臨紙悽断奉状不備 / 三月一五日大伴宿祢池主) / 一 所心歌
原文 安必意毛波受 安流良牟伎美乎 安夜思苦毛 奈氣伎和多流香 比登能等布麻泥
訓読 相思はずあるらむ君をあやしくも嘆きわたるか人の問ふまで
かな あひおもはず あるらむきみを あやしくも なげきわたるか ひとのとふまで
英語(ローマ字) AHIOMOHAZU ARURAMUKIMIWO AYASHIKUMO NAGEKIWATARUKA HITONOTOFUMADE
私ほど思って下さらないだろうあなた様を、不思議に思って嘆き続けています。人が不審に思って問いかけるほどに。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 天平20年3月15日、作者:大伴池主、年紀、大伴家持、高岡、富山、贈答、書簡、福井、恋情、怨恨
タイトルとURLをコピーしました