万葉集 第18巻 4060番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4060番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4060番歌

第18巻
歌番号 4060番歌
作者 作者不詳
題詞 (太上皇御在於難波宮之時歌七首 [清足姫天皇也]) / 粟田女王歌一首
原文 都奇麻知弖 伊敝尓波由可牟 和我佐世流 安加良多知婆奈 可氣尓見要都追
訓読 月待ちて家には行かむ我が插せる赤ら橘影に見えつつ
かな つきまちて いへにはゆかむ わがさせる あからたちばな かげにみえつつ
英語(ローマ字) TSUKIMACHITE IHENIHAYUKAMU WAGASASERU AKARATACHIBANA KAGENIMIETSUTSU
月の出を待ってから家に帰ろう。私が插(かざ)しにしている赤く輝く橘の実を月光に照らしながら。
左注 右件歌者在於左大臣橘卿之宅肆宴御歌并奏歌<也>
校異 <> 也 [紀][細]
用語 作者:粟田女王、植物、元正天皇、橘諸兄、難波、大阪、伝誦、肆宴、宴席、行幸
タイトルとURLをコピーしました