万葉集 第18巻 4052番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4052番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4052番歌

第18巻
歌番号 4052番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 掾久米朝臣廣縄之舘饗田邊史福麻呂宴歌四首
原文 保登等藝須 伊麻奈可受之弖 安須古要牟 夜麻尓奈久等母 之流思安良米夜母
訓読 霍公鳥今鳴かずして明日越えむ山に鳴くとも験あらめやも
かな ほととぎす いまなかずして あすこえむ やまになくとも しるしあらめやも
英語(ローマ字) HOTOTOGISU IMANAKAZUSHITE ASUKOEMU YAMANINAKUTOMO SHIRUSHIARAMEYAMO
ホトトギスよ。今鳴かないでなんとしよう。明日都に帰る途中に越える山で鳴いても何の甲斐があるだろう。
左注 右一首田邊史福麻呂 ( / 前<件>歌者廿六日作之)
校異
用語 天平20年3月26日、作者:田辺福麻呂、年紀、動物、宴席、久米広縄、季節、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました