万葉集 第18巻 4051番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4051番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4051番歌

第18巻
歌番号4051番歌
作者大伴家持
題詞(至水海遊覧之時各述懐作歌)
原文多胡乃佐伎 許能久礼之氣尓 保登等藝須 伎奈伎等余米<婆> 波太古非米夜母
訓読多古の崎木の暗茂に霍公鳥来鳴き響めばはだ恋ひめやも
かなたこのさき このくれしげに ほととぎす きなきとよめば はだこひめやも
英語(ローマ字)TAKONOSAKI KONOKURESHIGENI HOTOTOGISU KINAKITOYOMEBA HADAKOHIMEYAMO
多古の島の崎に生い茂る木の暗がりにやって来て鳴きたててくれたらホトトギスよ、こうも甚だしくそなたを恋求めるものか。
左注右一首大伴宿祢家持 / 前件十五首歌者廿五日作之
校異波 婆 [元]
用語天平20年3月25日、作者:大伴家持、年紀、地名、氷見、富山、動物、宴席、遊覧
タイトルとURLをコピーしました