万葉集 第18巻 4132番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4132番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4132番歌

第18巻
歌番号 4132番歌
作者 大伴池主
題詞 更来贈歌二首 / 依迎驛使事今月十五日到来部下加賀郡境 面蔭<見>射水之郷戀緒結深海之村 身異胡馬心悲北風 乗月徘徊曽無所為 稍開来<封>其辞[云<々>]者 先所奉書返畏度疑歟 僕作嘱羅且悩使君 夫乞水得酒従来能口 論時合理何題強吏乎 尋誦針袋詠詞泉酌不渇 抱膝獨咲能ニ旅愁 陶然遣日何慮何思 短筆不宣 / 勝寶元年十二月十五日 徴物下司 / 謹上 不伏使君 [記室] / 別奉[云々]歌二首
原文 多々佐尓毛 可尓母与己佐母 夜都故等曽 安礼<波>安利家流 奴之能等<乃>度尓
訓読 縦さにもかにも横さも奴とぞ我れはありける主の殿戸に
かな たたさにも かにもよこさも やつことぞ あれはありける ぬしのとのどに
英語(ローマ字) TATASANIMO KANIMOYOKOSAMO YATSUKOTOZO AREHAARIKERU NUSHINOTONODONI
上下関係であろうと他国に勤める横の関係であろうと、とにかく私は僕(しもべ)でございます。ご主人様の御門に控える・・・。
左注
校異 見見 見 [西(訂正)][元][紀][細] / 對 封 [西(朱書訂正)][細] / 著 々 [元] / 歌 [西] 謌 / 婆 波 [元][類][古] / 能 乃 [元][類][古]
用語 天平勝宝1年12月15日、作者:大伴池主、年紀、贈答、書簡、大伴家持、戯歌、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました