万葉集 第18巻 4069番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4069番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4069番歌

第18巻
歌番号 4069番歌
作者 能登乙美
題詞 (四月一日掾久米朝臣廣縄之舘宴歌四首)
原文 安須欲里波 都藝弖伎許要牟 保登等藝須 比登欲能可良尓 古非和多流加母
訓読 明日よりは継ぎて聞こえむ霍公鳥一夜のからに恋ひわたるかも
かな あすよりは つぎてきこえむ ほととぎす ひとよのからに こひわたるかも
英語(ローマ字) ASUYORIHA TSUGITEKIKOEMU HOTOTOGISU HITOYONOKARANI KOHIWATARUKAMO
明日(二日)からは続け様に聞こえるホトトギスの鳴き声。たった一夜のことなのに待ち遠しくてならない。
左注 右一首羽咋郡擬主帳能登臣乙美作
校異
用語 天平20年4月1日、作者:能登乙美、年紀、動物、恋情、季節、宴席、久米広縄、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました