万葉集 第18巻 4066番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4066番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4066番歌

第18巻
歌番号 4066番歌
作者 大伴家持
題詞 四月一日掾久米朝臣廣縄之舘宴歌四首
原文 宇能花能 佐久都奇多知奴 保等登藝須 伎奈吉等与米余 敷布美多里登母
訓読 卯の花の咲く月立ちぬ霍公鳥来鳴き響めよ含みたりとも
かな うのはなの さくつきたちぬ ほととぎす きなきとよめよ ふふみたりとも
英語(ローマ字) UNOHANANO SAKUTSUKITACHINU HOTOTOGISU KINAKITOYOMEYO FUFUMITARITOMO
卯の花が咲く月がやってきた(旧暦4月)。ホトトギスよ。やって来て鳴き響いておくれ、花はまだ蕾みであっても。
左注 右一首守大伴宿祢家持作之
校異
用語 天平20年4月1日、作者:大伴家持、年紀、植物、久米広縄、宴席、動物、季節、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました