万葉集 第18巻 4049番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4049番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4049番歌

第18巻
歌番号 4049番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 (至水海遊覧之時各述懐作歌)
原文 於呂可尓曽 和礼波於母比之 乎不乃宇良能 安利蘇野米具利 見礼度安可須介利
訓読 おろかにぞ我れは思ひし乎布の浦の荒礒の廻り見れど飽かずけり
かな おろかにぞ われはおもひし をふのうらの ありそのめぐり みれどあかずけり
英語(ローマ字) OROKANIZO WAREHAOMOHISHI WOFUNOURANO ARISONOMEGURI MIREDOAKAZUKERI
私はうっかりおろそかに思っていた、乎布の浦を・・・。が、実際に見てみると、その荒磯の周囲は見ても見ても見 飽きませんねえ。
左注 右一首田邊史福麻呂 ( / 前件十五首歌者廿五日作之)
校異
用語 天平20年3月25日、作者:田辺福麻呂、年紀、土地讃美、地名、氷見、富山、遊覧、宴席
タイトルとURLをコピーしました